大分県北部古民家再生協会について

当法人は、長期にわたって循環利用ができる住宅の普及・拡大を目指して、伝統資財・古民家等の再生リサイクルに関する事業を行い、伝統的木造建築の民家・町並みの保存並びに産業廃棄物の削減等による循環型社会の実現に寄与することを目的とするとともにその目的を達成するため、様々な事業を行っております。
協会概要 >>

お知らせ

大分合同新聞に掲載頂きました。

2018年8月17日付の大分合同新聞に、古民家インスペクションについて掲載頂きました。 古民家の鑑定と合わせて、床下と耐震性能の調査を行いました。

ブログ

西荻窪の古民家耐震調査

東京の西荻窪で昭和11年築の古民家耐震調査に参加しました。和洋折衷の素晴らしい建物。昭和11年当時の流し台には、レトロな雰囲気と建物がマッチングした素晴らしい建物でした。

古民家耐震診断

西荻窪の古民家耐震診断を行いました。昭和11年建築の建物です。まだまだ充分に後世に残せる建物です。

大分県内ならすぐに行きます。

臼杵市にある古民家。大分県にある古民家に興味がある方からの問い合わせ。早速調査です。大分県内ならこでも駆けつけます。

大分第二支部会員の施工事例

既存天井を撤去して梁を表して塗装。古民家再生協会大分第二支部会員の施工です。お客様も喜んでいただいています。

大正8年の流行

外は入母屋、小屋組は洋風。大正時代、このような作りが流行ったそうです。そうした当時の流行建築を見るのも楽しいものです。

最新活動報告

2018/09/08 大分例会

更新日 2018年9月8日

例会ならびに総会を開催いたしました

詳細は下記より議事録をご覧ください。

[ 議事録を読む ]  [ 例会の開催日程 ]

伝統的構法による木造建築物状況調査技術者講習
PAGETOP